四つ葉のクローバーの簡単な保存方法は?キレイに残したいなら

見つけると幸せになれると言われているロマンチックな四つ葉のクローバー。
見つかる確率は0.01%〜0.001%と言われていてとても難しく、
超レアだからこそなんとかして見つけたくなりますよね。

小さい頃は、友達と必死になって、
一日中野原を駆け回って探したことを覚えています。

そして大人になった今でも、庭や公園でクローバーを目にすると、
人目を気にせず四つ葉のクローバーを探してしまいます。

一生に一度でいいから見つけて幸せを掴んでみたいですよね。

もし、幸運にも四つ葉のクローバーを見つけることができたら、
あなたはその四つ葉のクローバーをどのように保存しますか?

超レアな上に、幸せを運んできてくれると言われている
ラッキーアイテムをそう簡単に手放したくはないですよね。

四つ葉のクローバーは、摘み取った後そのままにしてしまうと、
数時間でしおれて残念なことになってしまいます。

綺麗に長期保存をするためには、
きちんとクローバーの水分を抜き取ることが大切です。

四つ葉のクローバーの基本の保存方法

最も基本で簡単な四つ葉のクローバーの保存方法は以下の通りです。

  1. ティッシュペーパーまたはキッチンペーパーを敷く
  2. 摘み取った四つ葉のクローバーの形を整え綺麗に葉を広げて置き挟む
  3. クローバーがずれないようにビニール袋などに入れる
  4. 辞書や図鑑のような厚みのある本に挟みさらに重しを乗せる
    たまにペーパーを交換します
  5. 4~5日放置し、水分が抜ければ完成です

このように水分をぬく簡単な保存方法で、
四つ葉のクローバーはかなり長持ちします。

しかし、このままでは時間が経つと、
せっかくの四つ葉の形が崩れてきてしまいます。

そこで今回は、四つ葉のクローバーを半永久的に綺麗に保存できるように、
100均のラミネートを使った保存法やレジンで閉じ込める保存法をご紹介します。

四つ葉のクローバーの長期保存は100均アイテムで

四つ葉のクローバーを長期保存におすすめは、
100均で簡単に手に入るラミネートフィルムです。

ラミネートといえば機械が必要かなと思いますが、
100均のラミネートフィルムはラミネーターが不要なので、
本当に簡単に長期保存することができます。

ラミネートフィルムを使った
四つ葉のクローバーの保存方法は以下の通りです。

  1. 冒頭でお伝えした通り、摘み取った四つ葉のクローバーを丁寧に乾燥させます。
    ✳︎葉に水分が残ったままラミネートしてしまうと、
    中で葉っぱが腐ったり変色してしまうので十分に水分を抜きます。
  2. 2枚重ねになっているラミネートフィルムをペラリとめくり、
    乾燥させた四つ葉のクローバーを葉が重ならないように丁寧に並べます。
  3. めくったラミネートで挟み、指や定規を使ってきれいに空気を抜き完成です
    ✳︎一度貼ると貼り直しが出来ないので慎重に行いましょう

レジンを使った四つ葉のクローバーの保存方法

レジンとは紫外線を当てると固まる液体で、
ハンドメイドのアクセサリーなどによく使われています。

手芸屋さんやネットなどでも売っていますし、
今では100円ショップでも見かけます。

また、レジンを使う時は、UVライトが必要になります。
レジンと一緒にUVライトがセットになって売っている商品もあります。

ジェルネイル用のUVライトも使えます。

レジンを使った保存方法は以下の通りです。

  1. 先ほどと同じように摘み取った四つ葉のクローバーを乾燥させます。
  2. シリコンマットを敷いて四つ葉のクローバーの表面をレジンで薄くコーティングします。
  3. UVライトを2分ほど当てて固めます。
  4. 表が固まったら裏面にレジンを塗り、同様にUVライトで固めます。
  5. 好みの厚さになるように何回か繰り返します。

レジンを使って保存する時、
100均で売っているレジン用アイテムを一緒に使うと、
ストラップやアクセサリーにして四つ葉のクローバーをお守りのように
持ち歩くことができるのでおすすめです。

また、UVライトが無いという方は、少し時間はかかりますが、
レジンを塗った後、太陽の当たる窓際に置いておくと固まります。

まとめ

今回は四つ葉のクローバーの簡単な保存方法についてご紹介してきました。

基本となる保存方法は、ペーパー類で四つ葉のクローバーを挟み、
ビニール袋に入れて分厚い本に挟んで水分を抜くという簡単なものでした。

そして、簡単にできる100均のラミネートフィルムや
レジンを使って保存することで綺麗に半永久保存できます。

幸運の象徴である四つ葉のクローバーが手に入ったら是非、
基本の保存方法を守ってラミネートやレジンで保存し、
自分へはもちろん、大切な人への素敵なプレゼントとして贈ってみてください。