切り花のキレイをキープする長持ち液の作り方~花束をもらったら

いくつになっても花束をもらうとテンションが上がります。
もらった花束を花瓶に移してお部屋に置いておくと、
見るだけで毎日嬉しい気持ちになります。

お花って素晴らしいですよね。

できることなら1日でも長く綺麗に咲いていて欲しいと願います。
特に大事な人から特別な日にもらった花束だと、
より一層その思いは強いですよね。

そこで、花束をもらったら切り花を少しでも長く楽しめるように、
花を長持ちさせる長持ち液(延命剤)の出番です。

延命剤には、切り花に栄養を与える、
水分不足にならないように水の吸い上げを良くする、
殺菌作用といった効果があり市販されています。

しかし、急に花束をもらってしまったり、
延命剤を買うのを忘れてしまった…ということもあります。

自分で長持ち液はどうやって作るのでしょうか。
何か特別な物が必要なのでしょうか?

実は切り花の長持ち液は、
家にあるもので簡単に作ることができるんです。

家にあるもので作る切り花の長持ち液

長持ち液には漂白剤や炭酸飲料を使ったものがあります。
意外とたくさん方法がありますので一つずつご紹介していきます。

漂白剤を使った長持ち液

漂白剤は菌の繁殖を防いでくれるので、
切り花を長持ちさせることができます。

水310mlに対して漂白剤を1滴入れます。
ここで注意したいのが漂白剤の量です。

入れすぎは逆に花を枯らしてしまうことがあるため分量には注意しましょう。

炭酸飲料を使った長持ち液

炭酸飲料もおすすめです。
水5に対してサイダーなどの炭酸飲料を1の割合で混ぜるだけ。

サイダーのような無色の炭酸飲料の糖分は切り花の栄養になります。

ただの砂糖を水に溶かしてもいいですが、
サイダーに含まれる果糖ブドウ糖は砂糖より粒が細かいため、
花が断面から栄養を吸い上げやすいためおすすめです。

ただ一つ注意しておきたいのが炭酸の強度です。

あまりにも強い炭酸だと花への刺激が強すぎるため、
少し気の抜けた炭酸くらいのものを使いましょう。

以上、長持ち液の作り方をご紹介してきましたが、
これらの長持ち液は万能ではありません。

切り花を飾るときに基本となる花瓶を洗って清潔に保つ、
水を替える、茎を斜めに切り直すなどの作業は忘れずに行いましょう。

切り花が枯れる原因とは?

ここまで切り花を長持ちさせるための長持ち液についてお話してきましたが、
そもそもなぜ切り花ってすぐに枯れてしまうのでしょうか?

切り花がすぐに枯れてしまう主な原因を以下にまとめてみました。

細菌

切り花がすぐに枯れてしまう大きな原因の一つに細菌の繁殖があります。
花の切り口から細菌が繁殖し道管を詰まらせてしまい、
水分が十分に行き渡らなくなるため花が枯れてしまいます。

栄養不足

花は通常、土に植えられていて土から水と栄養分をとっていますよね。
しかし、切り花になると花瓶の中の水だけのため栄養不足に陥りやすいです。

温度

切り花は高温に弱く夏は特に長持ちしません。
気温が高くなると花瓶の中の水が腐りやすくなり、
そこから細菌の繁殖も盛んになってしまいます。

花瓶は高温多湿を避け、
涼しく風通しが良いところに置くのが好ましいです。

切り花は花瓶に氷を入れると長持ちするの?

これまで、花瓶の中に細菌が繁殖してしまうと、
切り花がすぐに枯れてしまう原因になるというお話をしてきましたよね。

更に、高温多湿に花瓶を置いておくと細菌の繁殖を助けてしまい、
切り花が長持ちするのに難しい環境になってしまうといったこともあります。

そこで、氷を入れて花瓶の中の水を冷たくすれば良いのでは?
と考える方もいると思いますし、切り花に氷を入れると、
長持ちするという噂を聞いたことがある方もいると思います。

実際、花瓶に氷を入れると切り花は長持ちするのでしょうか?

ここでの氷の役割とは夏場などの暑い日、
花瓶の中の水があったかくなって細菌が繁殖するのを防ぐためです。

しかし、どうでしょう。

夏の暑い日、氷を入れても花瓶の水を冷たく保てるのはもって数分ですよね。

そのため、切り花の長持ちのために
氷を花瓶に入れるのは実はそんなに役に立ちません。

また、花は温度変化に敏感なため、
周りの温度と水の温度が極端に違うと、
逆に元気がなくなってきてしまうことがあります。

細菌の繁殖を防いで花瓶の中の水をきれいに保ち、
切り花を長持ちさせたいのであれば、氷を入れるのではなく、
常に花瓶を清潔に保ったり、頻繁に水を替えたりするほうがいいです。

冒頭でお伝えしたように漂白剤や炭酸水で作った長持ち液に入れたり、
日陰に置く、部屋の温度を涼しく保つといったことが有効です。

まとめ

今回は、切り花を長持ちさせることついてお話してきました。

長持ち液は漂白剤やサイダーなどの
炭酸飲料と水を混ぜると作ることができます。

切り花がすぐに枯れてしまう主な原因は、
細菌の繁殖、栄養不足、高温です。

なるべくこまめに水を替えるとお花が長持ちします。
せっかくいただいたお花ですから長持ちさせましょう!

お花っていつの時代も女性にとっては癒やしですからね。