ベランダにできた蜂の巣は作り始めに対処すべき!刺される前に

ベランダに蜂が巣を作り始めると困りますよね。
洗濯物もベランダに干さないといけません。
子供やペットが刺される危険もありますので怖いですよね。

蜂の巣が大きくなると蜂は攻撃的になります。
攻撃的になるとちょっとの刺激で人間に向かって来ることもあり、
威嚇だけでなく実際に刺すこともあるので注意が必要です。

ですから、ベランダに蜂の巣が出来てしまった場合は
「巣を作り始めた時点で対処してください。」
早めに蜂の巣を見つけることが大事です。

では何故、蜂の巣が大きくなると蜂は攻撃的になるのでしょうか。
蜂の巣は作り始めに対処した方がいい理由をお教えします。

蜂の巣が作り始めで一匹のうちに対処する流れ

蜂の巣は女王蜂が一匹で作り始めます。
ですから最初は一匹しかいません。
この時に対処すれば、あなた自身で蜂の巣を取り除くことができます。

蜂が一匹いるなぁ。と思っていたら、
知らないうちに蜂が増えていることってありますよね。
うちでもあっという間に増えてしまい業者の方にお願いしました。

その時は出張費と蜂の駆除費用で30,000円かかりました。

蜂駆除は命がかかっているお仕事なので
高額なのは仕方ないですが出費は辛かったです。

あなたには私のようになって欲しくないので、
一匹のうちに自分で対処する方法をお教えします。

用意するものは以下の通りです。

  • 殺虫剤(蜂用のジェット噴射するスプレー缶)
  • 長袖長ズボン(カッパもあれば着ておくと安心です)
  • ゴーグル(私は花粉用のメガネを使っています)
  • 軍手

1. よく観察して蜂の巣を見付ける

まずはベランダをよく見てみてください。
どこに蜂の巣が作られているのか観察します。

○蜂の巣が作られやすい所は3つあります。

  • 屋根の下
  • 隠れられるような隙間

この場所を探してみると大体見つかります。
特に、隙間に蜂の巣を作られることが多いので注意して見てください。

うちは、屋根と壁の境目のあたりに作り始めた蜂の巣が出来ていました。
蜂が飛んでいるのは良く見ますが蜂の巣を見つけるのは大変です。
とにかく小さいうちに見つけるのがポイント!

女王蜂一匹のうちは巣を作ることに専念しています。
巣に大きな女王蜂がいるので見つけやすいと思います。
必ず、静かにゆっくりと観察してくださいね。

2. 蜂の巣に殺虫剤を噴射する

蜂の巣に殺虫剤を噴射してください。
殺虫剤は蜂の種類によって違うので、
蜂を見つけられたら種類を確認して買いましょう。

蜂の巣の中にもしかしたら卵があるかもしれません。
念入りに噴射してください。
スズメバチの場合は長めに噴射することをおすすめします。

女王蜂は基本大人しいですが攻撃してくることもあります。
蜂が向かって来たら急いで室内に入り落ち着くのを待つと良いです。
ただし、危険だと感じる場合は業者にお任せしてください。

3.蜂の巣を取り除く

殺虫剤を噴霧して蜂がいなくなったら、
ヘラのようなもので蜂の巣を取り除きましょう。
ビニール袋に入れて中に殺虫剤を噴射して口を閉じます。

蜂の巣の中に卵があって生き残っていたら大変なことになります。
透明のビニール袋だと中身が確認しやすいのでおすすめです。

あとは燃えるゴミに出せば蜂の巣駆除は完了です!

私はこの方法で作り始めの状態で蜂の巣を見つけているので、
今は自分で蜂の巣を処理することができます。
コツは毎日少しでいいからベランダを観察すること。

少しずつ意識するように心がけていきましょう!
しかし、意識していても見えないところに蜂の巣を作られてしまうこともあります。

その様な時はどうすればいいのでしょうか?

蜂の巣の作り始めから壊す位大きくなった場合

蜂の巣は作り始めに対処したいですが、
見つけた時には壊すことができる位大きくなっている時があります。
その時は、働き蜂が卵から孵化してしまっているかもしれません。

蜂の巣に蜂がいなくても働き蜂が外にでかけているだけかも…。
もしくは、作り始めた巣の中に潜んでいるのかもしれません。
とても危険な状態ですので蜂の巣を壊すために業者を呼んだ方がいいです。

それでもあなた自身で対処したい時は、
蜂に気を付けながら対処してください。
方法は、さきほど紹介したやり方と同じです。

蜂の巣を壊すのは危ないのでおすすめはしません。
ですから、蜂の巣を作り始める前に対処する方法をお教えします。

大体効果は3か月持続するので3か月ごとに、
屋根の下や隙間等、蜂の巣ができやすい所に散布してください。
その場所に蜂が巣を作らなくなるのでリスクを減らすことができます。

私が試してみた所、殺虫剤を撒いた所には、
今の所巣を作り始めることはありません。
効果はあると感じています!

まとめ

ベランダにできた蜂の巣は作り始めに対処するべきです。
そのためには早めに蜂の巣を見つける観察力が必要になります。

我が家もそうでしたが、
蜂の巣が大きくなってからでは本当に恐怖しかありませんでした。
いつ自分や子供が刺されるかベランダに出るのも怖かったです。

今回ご紹介した作り始めの蜂の巣への対処法や、
蜂が一匹のうちに対処する流れなどを参考にしながら、
よく観察して蜂の巣を見つけたら殺虫剤で対処してください。

でもでも!
蜂の巣が作り始めだが壊す位大きくなってしまった時は業者にお願いすべしです。
もう自分では手におえません。刺されたら命の危険すらありますし。

我が家では一度駆除してもらたあとは、
蜂の巣を作りそうな場所に殺虫剤を噴霧しておきます。

蜂の巣はご近所トラブルにも繋がります。
きちんと対処して蜂に刺されない様にしましょう!