義理の両親との同居でストレス限界…家出をする前に出来る事

義理の両親との関係は難しいものですよね。
関係が濃いだけにお互い踏み込み方も分からず、
理解しあうのに時間もかかる間柄ではないでしょうか。

ただでさえ気を遣う中、同居となると生活を共にするわけですから、
嫁には相当ストレスがかかってしまいますよね。

もう一緒には生活したくない!と家出を考える事もあるかもしれません。
しかし「家出には今後を左右する大きなリスクがあります。」

家出をする前に、一度自分でそのストレスを整理して、
今後の生活を考えてみませんか?できることはありますよ!

それによっては対策や解決ができるかもしれません。

今回は「家出のリスクと同居でのストレスの解消法」
「同居自体を解消するための方法」などをお伝えしていきます。

同居でストレスがたまった時の解消法

そもそも、家出の行為には注意が必要です。

義理の両親への不満で「家出」に踏み切ったのに、
残された夫から離婚請求を一方的にされたり、
離婚を決意していたとしても「家出」の行為があったことで、
不利な条件になる可能性もあるからです。

人に相談しにくい事ではありますが、
一人で考えて相談出来るところを頼り、
結果的に円滑に改善が果たせる事もあります。

①ストレスの原因を整理してみる

まず、最初に自分の中でストレスが溜まっている原因を、
出来るだけ明確に整理してみましょう。

今まで散々ストレスを感じていたのに、
「今更整理なんて・・・」と思う方もいるでしょう。

しかし「明確に」することで、人へ相談する時に相手に伝わりやすく、
自分も遠回りせずにストレスと向き合える事もあります。

例えば以下のようなことです。

  • そもそも義理の両親が問題ではなく他人と生活する事に壁を感じた
  • 義理の両親と生活のリズム/時間帯が合わない
  • やる事が増えて自分の時間が減ってしまった
  • お金の使い方、生活ルールや食事が合わない
  • 義理の両親から干渉されている様でつらい
  • 義理の両親からの言動に苦しめられている

一度、何にストレスを感じているかを整理してみましょう。

②夫に相談してみる

まずは夫である旦那さんには、
自分の苦しみを理解してもらいたいですよね。

旦那さんのご両親と同居しているわけですから、
旦那さんももちろん他人事ではない立場。

あなたとご両親に良い関係でいて欲しいと思っているはずです。

最初は愚痴のような感覚で話すのも良いですが、
協力を得られそうならば真剣に整理したことを元に、
具体的に相談し一緒に考えてもらいましょう。

人にもよりますが、苦しい思いをしていた事に
全く気付かったという事もしばしば。

知ってもらうだけでも気持ちが和らぎますし、
旦那さんも家庭でのあなたとご両親に目が行き、
協力体制をとってくれるかもしれません。

協力してもらえない時は、
最近では夫婦カウンセリングを利用する方法もあります。

第三者を入れて話をすることで話し合いに余裕が生まれ、
旦那さんも奥さんの気持ちが誤解なく伝わる事もあります。

③実家の親に相談してみる

自分の親はいつでも味方であり、
あなたに幸せになって欲しいと思って送り出しているはずです。
親身になって話を聞いてくれる相手ですよね。

話すことで落ち着くこともできるでしょう。
あとは、自分の親は、義理の両親とも同世代。

万が一、あなたが不満に思っていることが、
その年代ならではの事情があるとしたら、
アドバイスがもらえるかもしれません。

人生の先輩でもある実家のご両親に
少し聞いてもらうつもりで頼ってみてはいかがでしょうか?

④生活スタイルを変えてみる

あなたと義理のご両親とが、
「一緒に家にいる時間が長いために生じるストレス」の場合は、

外出を増やしたり仕事にチャレンジしてみる等、
一緒にいる時間を自分から意図的に減らしてみるのも良いでしょう。

実際に、私の周りでもお姑さんの強い言動に悩まされている友人がいました。
ご主人も昔ながらの強めな人で、
あまり彼女の話を聞いてもらえる環境ではありませんでした。

でも、下の子が入学したのをきっかけに働きはじめ、
お姑さんと一緒にいる時間も格段に減りました。
そして、外で忙しくなった事で言動も昔ほど気にならなくなったそうです。

この様に何かのきっかけで良い方に回る事もあるのだなぁと思いました。

でも「もう同居は無理!」と決断したら、
同居を解消する方法も一つですよね。
次は同居の解消方法をお伝えしていきます。

同居解消の方法は?

ストレスの整理もして、人への相談もしてみたけど、
「もうこれ以上の同居が難しい。出来そうにない。」と思ったら、
同居を解消するために動くのも方法ですよね。

①夫に義理の両親との別居の意志を伝える

先程、整理したストレスに思う個所を明確に伝え、
同居が継続できない事を伝えましょう。

また、別居することが自分・夫(子ども)・義理の両親にとって
「どんなメリットがあるのか」をそれぞれの目線で話せると、
聞いている方も未来が想像しやすく、具体的に話が進むと思います。

②転居先の目星をつけましょう

ここからはご主人と一緒に、
お金の問題や転居先を具体的に決めていきましょう。

③義理の両親へ報告する

住み移る場所への目星がたったら義理の両親への報告をしましょう。

このタイミングは旦那さんに相談をし、それまでの関係性に左右されますが、
スムーズに転居を進めるために先に転居先の目星をつける事も多いです。

決断し、夫婦で新たな住まいに移ろうと決意したら、
それに向けて協力して動けると良いですよね。

まとめ

今回は「義理の両親と同居でストレス!家出をする前に出来る事」と
いうテーマでお伝えしてきました。

家出には、残された夫から一方的に離婚請求を言い渡されたり、
万が一、離婚になった時も不利な要求を
のまなければいけない可能性も出てくることが分かりました。

家出する前にできることはあります。

ストレスの原因を整理したり夫や自分の親に相談する等、
まずは何にストレスを感じているのかを明確にしてみましょう!

また、もう義理の両親と同居が難しい場合は、
夫に相談し別居について考え進める方法もお伝えしました。

人によりその関係も様々のため、分かってもらえなくて、
辛い思いをされたこともあるかもしれません。

決してストレスを抱えている自分を責めずに、
解決へ向けて前進してくださいね!