貧乏ゆすりの消費カロリーはダイエットできるレベル?その他のいいコト

貧乏ゆすりの消費カロリーは

貧乏ゆすりの消費カロリーって、
ダイエットできるレベルなのでしょうか?
それともただの迷惑行為なのでしょうか?

残念ながら貧乏ゆすりだけではダイエットは難しいです。
しかし、その他の身体にいいことや、
あることをプラスすることで太ももを細くすることは可能!

実際に私が取り入れていることを含め、
貧乏ゆすりの消費カロリーについて深堀りしてみます。

貧乏ゆすりの消費カロリー

貧乏ゆすりは無意識にやってる人が多いと思います。
ちょっと調べてみるとネット上では、
「一時間ずっと続けて40キロカロリー」説が多かったです。

たったそれだけ?と思うかもしれませんが、
カロリーだけじゃないとってもいいことがあるんです。

貧乏ゆすりをする時にちょっと工夫すると、
太ももの引き締めの一助になるかもしれません。

その方法は太ももの間に雑誌などを挟むことです。

そして内ももに力を入れて落ちないようにして、
貧乏ゆすりすることで結構な運動効果を得られます。
さらに消費カロリーもアップします。

筋トレする時はその場所を意識するといいと言いますよね。
同じように太ももに意識を集中させてやるといいですよ!

貧乏ゆすりの効能

貧乏ゆすりはみっともない迷惑行為と言われがちですが、
実は昨今とても注目されている行為なんです。

  • むくみ
  • 冷え性予防
  • 関節症の予防
  • エコノミー症候群予防
  • ストレス解消

貧乏ゆすりはむくみにいい

デスクワーク等でずっと座っていると、
足がむくんで辛いという方も多いのではないでしょうか。

むくみの原因は血流やリンパの流れが悪くなり、
漏れ出たものが下肢にたまることで起こります。

ふくらはぎは第二の心臓と言いますよね。
歩いたり運動をすると筋肉が動いてポンプのように流れをよくします。

長い時間座っていることが多い場合は、
貧乏ゆすりをすることで血流を促せますので、
むくみを解消することができます。

貧乏ゆすりで冷え性予防

冷え性は血流が悪いから起こります。
ですからむくみと同じように貧乏ゆすりをすることで、
血流をアップして冷えを予防するということです。

貧乏ゆすりはふくらはぎの筋肉を刺激するので、
血流をアップさせるにはピッタリの動作です。

貧乏ゆすりで関節症の予防

高齢の女性に多い変形性股関節症は、
加齢によって股関節に隙間ができて、
軟骨がすり減ることで炎症して痛みが出ます。

その軟骨は外部刺激で再生の可能性があると言われていて、
昨今では積極的に推奨している病院が多いんです。

実際、私の母も変形性股関節症で通院していて、
担当医から「貧乏ゆすり」をすすめられたそうです。

最初聞いた時は「え??」って思ったのですが、
血流がよくなるというだけでもいいなと思い、
それ以来、私も毎日貧乏ゆすりしています。(笑)

貧乏ゆすりでエコノミー症候群を予防

エコノミー症候群は説明するまでもありませんが、
飛行機などで身動きできず座ったままで長時間過ごすことで、
静脈に血栓ができ、それが肺で詰まってしまうこと。

死に至ることもある怖い症状です。

渋滞や災害などで長時間座るなども、
同じ理由でエコノミー症候群になることもあります。

そんな時には貧乏ゆすりで血流を促し、
血栓を作らせないようにすることをおすすめします。

貧乏ゆすりでストレス解消

貧乏ゆすりをすることでストレス解消になります。
なぜでしょうか?

実は貧乏ゆすりのようなリズミカルな運動は、
幸せホルモンであるセロトニンが分泌が多くなると言われています。

私は日頃座りっぱなしの事が多いので、
1時間おきに70~80年代のディスコミュージックを流して、
自分で振り付けして(というか自由に)踊っているんです。

それがすっごい気持ちよくて幸せな気持ちになるんですよね。

もちろん音楽の効果も大いにあるとは思いますが、
軽くリズムに乗って身体を動かすことによる幸せ感は、
幸せホルモン(セロトニン)が分泌されてるんだな~と思います。

私のおすすめは「YMCA」です。
西城秀樹さんがカバーして大ヒットした曲です。
YouTubeで検索すると出てきます。

原曲でもいいんですが、西城秀樹さんの振り付けがいいですよね。
YMCAでは腕を大きく動かしますし、
リズミカルに足踏みするだけでもストレス発散になります。
※原曲 Village People – YMCA

まとめ

いかがでしたでしょうか?

貧乏ゆすりの消費カロリーだけではダイエットは難しいけど、
それ以外の効果がハンパなくいいです。

昔、貧乏ゆすりをしていると親に怒られたものですが、
最近では健康にもいいと推奨されるようになったんですね。

「週刊さんまとマツコ」でも貧乏ゆすりの話が出てきて、
なんかクスっと笑ってしまいました。

昔の常識は非常識になっているのかもしれません。
確かに人前で貧乏ゆすりをすると迷惑になることもあるので、
一人になった時や自宅で試してみるといいですね!