ドラクエ10 自分で回復&前線で戦える職業は何?おすすめはコレ

ドラゴンクエスト10にて1人プレイでモンスターと戦う時、
前作の様に自分で複数人キャラクターを作れずに苦労してませんか?

一人でプレイする時は酒場でサポート仲間を雇うことができますが、
サポートの回復が間に合わないこともあります。

サポートはパーティーで戦うよりは弱い仲間ですから職業選びが大切です。

前線で戦いつつ自分で回復ができる職業ってあるのでしょうか?
ドラゴンクエスト10で回復ができて前線で戦える職業は旅芸人です。

イチオシは旅芸人

ドラクエ10のおすすめ職業

旅芸人は中衛の職業でありつつ、
前線で戦うこともできます。

前作では主人公の職業だったため扱いやすいのでイチオシです。

装備はブーメランにしましょう。
旅芸人はブーメランを装備すると強くなりますよ。

旅芸人は攻撃もできますし、
回復もできるため旅を有利に進められるでしょう。
どちらかというと回復に優れている職業です。

HP回復も状態異常回復もできるため旅が楽になります。

では、旅芸人の戦闘においての立ち回り方について、
詳しく紹介したいと思います。

旅芸人の立ち回り方

ドラクエの旅芸人

旅芸人は行動範囲の幅の広さが特徴です。
主要スキルはこちら。

  • 「デュアルカッター」全体攻撃
  • 「たたかいのビート」全体バイキルト効果
  • 「ハッスルダンス」&「超ハッスルダンス」全体回復
  • 「エンドオブシーン」全員の状態異常回復
  • 「ザオラル」味方蘇生
  • 「デュアルブレイカー」敵に状態異常付与率アップ
  • 「エボルスライサー」「ゴッドジャグリング」追加デバフ効果

旅芸人は攻撃回復だけではなくバフやデバフもすることが出来るため、
臨機応変に対応できるバランスの良い職業です。

バフとは自分の攻撃力や防衛力、体力回復力、移動速度などが上昇すること。
デバフは相手の能力を低下させることを指します。

敵や味方の状況を見て戦闘すれば戦いを有利にすすめられるでしょう。
では、戦い方はどうしたら良いのでしょうか?

戦い方の手順はこちら。
① 「たたかいのビート」で攻撃力を2倍にする。
② デュアルカッターで攻撃

また攻撃に徹する場合は「デュアルブレイカー」で敵に悪い効果をかけやすくし、
「エボルスライサー」や「ゴッドジャグリング」につなげると良いです。

では、僧侶の様なサポートをメインにしたい場合、
どの職業を選ぶのが良いのでしょうか?

サポートで攻撃もできる職業はレンジャーです。

サポート+攻撃ならレンジャー

サポートをメインにしたいけど攻撃力も欲しい場合はレンジャーが良いです。
2022年6月現在、ツメの装備がつけられるようになり攻撃力があがりました。

ツメスキルにより、
攻撃力、防御力、呪文耐性の低下等を付与することができます。
回復はベホイムとザオラルが使えるため十分です。

ですが、前衛で戦うような職業と比べると攻撃力は低め。
状態異常をうまく使いながら戦闘すると良いでしょう。

また、レンジャーはブーメランも使用することができるため、
武器を持ち換えながら戦闘すると有利です。

まとめ

前線で戦いつつ回復もできるのは旅芸人。
サポート中心で攻撃もしたい場合はレンジャーが良いです。

基本的にドラゴンクエスト10はパーティーで戦う仕様になっているため、
一人プレイでの戦闘でもサポートを上手く使うことが鍵になってきます。

旅芸人だとバランスが良いため一人プレイに向いています。
ブーメランに効果もついているため装備すれば戦闘が楽になりますよ。

また低レベルのうちは回復をサポートに任せて攻撃に徹する方が、
やりやすいためレンジャーを選択しても良いでしょう。

いかがでしたでしょうか?

ドラゴンクエスト10は戦闘システムが前作と変わっているため、
同じやり方ではうまくいきません。

上手く職業を選んで遊んでみましょう!