カップヌードルのフタ止めシールはいつから始まった?昔は紙製だった!

カップヌードルのフタ止めシールはいつから始まった?昔は紙製だった!

「カップヌードルのフタ止めシールが廃止される」
日清がツイッターで発表してSNSで話題になっていますね!

「無くなると寂しい」「そんなシール付いてた?」など
惜しんだり、驚いたりする方も多いです。

フタ止めシールがプラスチック製であることに驚いた方もいますが
そもそもカップヌードルのフタ止めシールはいつから始まったのか
気になったので調べてみました。

カップヌードルふたどめシールはいつから始まった?

そもそもカップヌードルのフタ止めシールは、
「フタ止め」に使っていた人もいなかった人も、
「無くなる」となると、驚きだったのではないでしょうか(笑)

フタ止めシールが使われ始めたのは1984年からと言われています。

覚えている方も多いですが、このフタ止めシール、
昔はバーコードがプリントされていましたよね?

というか、私も「あれ?バーコードじゃなかったっけ?」
と思って、いつから透明になっていたのか、変化に気づいてなかったです。

現在と同じ透明のシールに、
オレンジのバーコードが印刷されているやつです。

さらに昔は紙製だったし、もっと前はシールすらなかった頃も…。

昔から食べている私にとっては
「いつからフタ止めシール始まったの?」と思ったわけです。

フタ止めシールは昔、バーコード・紙製・開封口だった!

調べたところ、これは「タックシール」と呼ばれていて、
1984年から使われていたとのこと。

意外に古過ぎて驚きです(笑)

ただ、この当時は「フタ止め」というより「開封口」と書かれていたりして
外装のビニールを開封しやすくするものとして導入されたようです。

素材もビニールではなくて紙ですね。
私も見覚えあって「懐かしい~」と思いました(笑)

長くこの、紙製でバーコードが印字されているシールでした。

「開封口」と書かれているように、
ここを引っ張って開けるためのものだったんですね。

シールになっていて、外装のビニールからはがすこともできたので、
これをフタにひっつけて「フタ止め」に使っていました。

日清が公式にフタ止めにする用途のために付けたのかは謎ですが、
慣習としてフタ止めに使っていた感じですね~。

フタ止めシールはいつから透明のプラスチック製になった?

紙製のバーコードシールが透明シールに変わったのが2008年とのこと。

紙製・バーコードのフタ止めシールは、
1984年~2008年の間に使われていたのですね。

透明シールになってからも13年経ちますから、
学生さんなどは紙製の頃を知らなくて当然ですね^^;

カップヌードルふたどめシール廃止の理由

今回、カップヌードルのふたどめシールが廃止になるのは、
「プラスチックの削減」が一番の理由のようですね。

日清製粉(カップヌードル)の公式ツイッターでも
「フタ止めシールを廃止することで、
年間33トンものプラスチック削減になる」と投稿されています。

今はSDGsが積極的に叫ばれていますから、
日清も企業努力としてプラスチック削減に乗り出したのですね。

今後、カップヌードルふたどめシールはどうなる?

カップヌードルのフタ止め「シール」は無くなりますが、
代わりにWタブの「フタ耳」が出来るようです!

従来のフタを止める部分が中央ではなく、左右2ヶ所についた形ですね。

なるほど、これなら1ヶ所だけより、安定してフタが止められそうです^^

新フタ止めシールの発想は「カップニャードル」から?

今回、新ふた止めシールに採用された「Wタブ型」ですが、
以前、2月22日の「猫の日」に合わせて、
カップヌードルのツイッターが公開していました。

「開け口が二つ……? と思わせて『カップニャードル』」とツイートしていて、
「もしかしたらこの頃から構想はあったのか?」
と思わせる雰囲気ですよね。

といっても、実はこの「カップニャードル」のほうは
画像加工による合成画像とのこと。

実際にこのデザインのフタやヌードルを作ったわけではないんです。
それにしても、リアルすぎますね!

この投稿に対しても「欲しい!」「あったら買う!」
という投稿が殺到しました^^

このバーチャルなアイデアから、
今回のWタブ型のフタ耳が実現したのかもしれませんね^^

フタ止めシールが無かった時代もあった

1984年からフタ止めシールが始まったということは
それ以前は、フタ止めシールすらついていませんでした。

そう、フタは別の「何か」で押さえるしかなかったんですね。

皿とかで押さえていましたね。

ちなみにこんな有田焼のフタもあります。
食べるときには、コースターにできるという一石二鳥のフタらしいです(笑)

「カップヌードルミュージアム」でお土産として買えるみたいですよ^^

まとめ

フタ止めシールが使われ始めたのは1984年からと言われています。

当時はフタ止めというよりは、開封しやすくするための「開封口」としての
シールとして使われたようで、素材も紙製でした。

プラスチック削減が目的であれば、また紙製に戻しても良い気がしますが、
Wタブ型のフタにしてしまったほうが、合理的で良いですね^^

今回の、フタ止めシール廃止に伴って、フタ止めが無くなってしまうわけではないので、ちょっと一安心で良かったです^^