終活用エンディングノートの内容とは?最低限必要なコト

終活 エンディングノート

いざ終活をしようと思っても、
何から始めたらいいのかわからない、
そんな人も多いかと思います。

ミホ

実際、私もそうでしたので、
お気持ち、よ~くわかります。^^

今、終活を進めている中で思うことは、
やらなければ・・・という気持ちでやると、
高い確率で挫折するということです。

私もあれもこれもと頭の中で思うだけで、
プチパニック状態になってしまいました。
ですから楽な気持ちで始めることをおすすめします。

やることは本当にたくさんあるのですが、
私のおすすめは「エンディングノート」です。

今は最初から必要項目を書き込むだけのものも、
本屋さんやネットで購入することができます。

エンディングノートに書く内容

エンディングノートに書く内容は自由です。
そう書くと悩む方が多いので、
これは書いておくといいよというものをピックアップしました。

あくまで一例です。

  • 生年月日、氏名、本籍地などの個人情報
  • 家系図、友達関係(連絡先等)
  • 医療の希望(延命治療など)
  • 葬儀やお墓の希望
  • お金のこと
  • 遺品や相続のこと(遺言)
  • 保険などの情報
  • デジタル情報(ネット関係のID&PW等)
  • その他伝えておきたいこと

概ねこのような内容が多いですね。

基本的に亡くなった後で、
家族が困るかな~というものを中心に
書き出しておくといいでしょう。

まずはノートに書き出すところから

ただ、最初からガッツリしっかりやるのではなく、
まずはノートを1冊用意してみてください。

そこに順番など気にせずに、
あなたが終活としてやってみたいこと、
伝えたいことをランダムに書き出していくのです。

  • ◯◯銀行の通帳がある
  • ◯◯証券会社に口座があり株も持っている
  • 通帳はリビングの棚の中にある
  • 家の権利書関係は金庫の中にある
  • 自分が亡くなったら知らせてほしい人リスト
  • 生命保険は◯◯にかけている
  • 着物の譲り先を考える

このように書き出していきます。
この時点では重複などは気にせずに、
どんどん書き出していきましょう!

まずはここからですね!