終活の準備として老人ホームの種類をチェックしておこう!

老人ホームの種類

終活の中で確認しておきたいことのひとつが、
入ることになるかもしれない老人ホームのことです。

老人ホームと言うと、
なんとなく姥捨て山のイメージがありますが、
昨今では介護業界も様変わりして色んな種類があるんですよね。

そのあたりを踏まえながら、
どんな老人ホームがあるのかを調べてみました。

老人ホームの種類

昔の老人ホームを知っている人は、
暗い雰囲気をイメージすると思いますが、
今はとてもそうは見えない施設が増えてきました。

その種類も要支援や要介護の段階によって、
入居できる、できないがありますが、
まずはどのような施設があるのか知っておきましょう。

大きく分けて民間施設と公的施設に分かれます。

民間の老人ホーム

民間の老人ホームは病院が運営していたり、
介護事業の会社が運営していることが多く、
金額も高めなので比較的入居しやすい特徴があります。

  • 介護付き有料老人ホーム 約16万円~
  • 住居型有料老人ホーム 約9万円~
  • サービス月高齢者向け住宅 約12万円~
  • グループホーム 約10万円~

公的の老人ホーム

公的な老人ホームは料金が比較的安いので、
要介護度の高い方が優先される傾向にあります。
また、順番待ちが多く発生しているのも特徴です。

  • ケアハウス 約9万円~
  • 特別養護老人ホーム 約9万円~
  • 介護老人保健施設 約8万円~
  • 介護医療型医療施設 約8万円~

金額は大体の最低金額です。
概算ですので施設により違います。
あくまで参考程度に…。^^

入居を決める前に下調べ

終活の中で老人ホームに入りたいと思ったら、
まずは下調べから始めてみましょう。

自分が入るなら・・・と考えると、
夫婦なのか一人なのかで費用も変わってきます。

おそらく一番ネックになるのが、
費用面だと思いますので、
大体の予算を調べておくといいですね。

すぐに必要はないという場合は、
上記のような施設があることを知っておくだけでもOKです。

ミホ

ちなみに私の義父は、
「介護付き有料老人ホーム」に入居しています。

看護師さんも介護士さんも24時間いてくれて、
ケアマネさんも施設専属でいますので安心です。

施設を見学した時に、
雰囲気が明るく開放的だったのと、
足が悪いので介護面で安心だったのが決め手でした。

自分が入ると思ったら、
もう少し安いところでもいいかなと思います。
(介護が必要ないなら)