離乳食の進め方が不安なママへ 私の体験談をお伝えします

子どもが生後5ヶ月くらいになると
そろそろ離乳食のことを考える時期ですよね。

特に初めてのお子様となると、
どのようなものを食べさせてあげようかなと楽しみな反面、
ちゃんと食べてくれるかな?と不安になります。

今回は子どもたち二人に離乳食を進めていくうえで、
どんな風に進めていったかについて、
私の体験談をお伝えしようと思います。

離乳食の始め方

離乳食の進め方

離乳食のスタートとして、
まず最初に食べさせてあげるものは10倍粥ですよね。
息子も娘も10倍粥は問題なく食べてくれました。

問題は野菜やお魚が始まってからです。

息子のときは張り切って離乳食を手作りしていたのですが、
鯛の刺身やトマトなど、苦労してすり潰して作ったものを
一口も食べてくれないときもありましたし、
離乳食自体ほとんど食べてくれない時期もありました。

心配だったのでママ友に相談したのですが
「離乳食を食べてくれなくてもミルクを飲んでいるなら大丈夫だよ。
栄養は取れてるよ。」と言ってくれたのでとても心が楽になりました。

自分たちの食事とは別に毎回離乳食を作ることは本当に大変ですよね。

そこで、離乳食を進めていく中で、
私が実践してよかったなと思ったことを紹介します。

  • まとめて作って冷凍
  • 市販のものを頼る
  • 食べない食材は諦める

まとめて作って冷凍

お粥や野菜などはまとめて作って、
製氷皿に入れて凍らせておくと毎回作る手間が省けて便利です。

野菜は、よく使う人参や玉ねぎなどを
すり潰したものをストックしていました。

お粥と人参、玉ねぎを一緒に入れて、
電子レンジで解凍すると野菜粥の出来上がりです。

凍らせたものは電子レンジで解凍する以外に、
スープなど凍ったまま直接入れることも可能です。

また、お粥を作るときは炊飯器を使って
まとめて作ると簡単ですし手間が省けます。

市販のものを頼る

これは私だけかもしれませんが、
最初、離乳食は手作りした方がいいと思い込んでいました。
そのせいで毎日離乳食の時間が苦になっていました。

しかし市販で売られている離乳食は種類も豊富ですし、
お湯を注ぐだけで簡単に作れるタイプのものや、
パウチから出してそのまま食べられるタイプのものもあります。

これが便利だし思ったより美味しいです。

市販品の便利さに気付いてからは、
だんだんと市販品を使うようになり半々くらいの割合に…。

娘の場合は7割を市販のもので済ませていました。

私のママ友で、離乳食は1度も手作りしたことがなく、
全て市販品を使っているというツワモノもいます。

食べない食材は諦める

息子のときは離乳食の本を読んだりインターネットで検索したりして、
納豆や豆腐、魚など色々なものにトライしましたが、
口に入れたとしても吐き出したり全く食べなかったりしたこともありました。

栄養のことを考えて最初は頑張っていましたが、
途中から無理に食べさせようとせず、
食べられるものをあげていると随分と気が楽になりました。

またお粥を食べてくれなかった時期がありました。

さすがにどうしようと思ったのですが、
子育て支援センターで相談すると「パン粥を試してみたら?」
と勧められて試しに作ってみたらパクパク食べてくれて一安心。

そのうちご飯も問題なく食べられるようになりました。

離乳食の進め方がわからない時は?

離乳食の進め方で私が参考にしていたやり方をお伝えします。

離乳食初期は4ヶ月検診のときに
市から配られたプリントを参考にしていました。

初期は食材を全てすり潰せばいいだけだったので、
特に何も思わず離乳食を進められたのですが、
中期と後期はどれくらいの大きさに切ればいいのかが分かりませんでした。

そこで私が参考にしたのが、
市販で売られている離乳食のパウチの写真です。

色々な種類の離乳食が売っているので、
野菜の大きさはもちろんですが、
うどんやパスタの長さなども参考にできました。

離乳食の進め方はゆっくりで大丈夫?

離乳食はゆっくりでも大丈夫?

赤ちゃんは一人一人成長するスピードが違うので、
離乳食の進め方がゆっくりでも心配することはありません。

私の息子は固形のものでも噛まずに飲み込んでいたせいか、
離乳食の進み具合も早かったですし量もたくさん食べていました。

一方、娘は固形のものを飲み込もうとしませんでした。
歯茎で噛んでから食べようとしていてダメなら吐き出します。

そのため、一歳になった頃は、
7ヶ月の子が食べるように柔らかく潰したものにしていました。

歯が生えてきたら噛み砕けるようになるので、
本人が好きな柔らかさのものをあげるといいかなと思います。

まとめ

今回は離乳食の進め方が不安な方へ、
先輩ママとしての体験をお伝えしました。

離乳食は毎日あげないといけませんし、
栄養を取らせてあげないといけないと思うと不安になりますよね。

離乳食を少ししか食べないときでも、
ミルクを飲んでいれば栄養を取れているので心配することはありません。

他の子より進み具合が遅くても
歯が生えてきたら食べられるようになります。

あまり不安に思わず、
ママが負担にならないよう市販品も上手に取り入れましょう。

市販品を使うことは全然悪いことじゃないですよ!